メンズエステ業界セラピスト特集

公開日2022/11/15(火)

読了時間約5分

【2022年最新】メンズエステでおすすめの「セラピストの制服・衣装」11選!

【2022年最新】メンズエステでおすすめの「セラピストの制服・衣装」11選!

メンズエステのセラピストが施術中に身につける制服・衣装といえば?きっと皆さん一人ひとり思い浮かべている衣装はバラバラでしょう……そう、一口に「メンエスセラピストの制服・衣装」といっても、実は多種多様なんです!というわけで今回の記事では、そんな多彩な制服・衣装について紹介していきます。

目次

この記事を書いた人
きょ~すけ

きょ~すけ(36)

担当記事一覧

メンズエステで約8年ほど働いており、現在は副店長をやっている。プライベートでメンズエステにもよく遊びに行っており、マッサージよりもセラピストと会話をすることが好き。そこで色んなセラピストと情報交換をして楽しんでいる。趣味はカラオケに行くことで、仕事で溜まったストレスをよく発散している。よく歌うのはMr.Children。

メンズエステの「セラピストの制服・衣装」を11種類ご紹介!

メンズエステの「セラピストの制服・衣装」を11種類ご紹介!

メンエス業界には、実に多種多様な制服・衣装がありますが、今回はその中でも特によく見られるものを11種類まとめてみました!

タンクトップ

ボディラインをくっきり表し、セラピストのしなやかな体を視覚的に楽しむことができるタンクトップは、メンズエステにおける代表的な衣装のひとつです。

二の腕やデコルテ(首まわり)の素肌があらわになっており、絶妙なセクシーさを楽しめるのもポイント!ホットパンツやミニのタイトスカートと合わせるケースが多いですね。
ちなみに、僕が副店長をやらせてもらっているお店でも、基本はこれをセラピストさんに着てもらっています。

パレオ

カラフルな色合いの長方形の布を、腰巻のように下半身に巻きつけるタイプの衣装です。
南太平洋にある常夏の国「タヒチ」の民族衣装で、どことなく南国ムードが感じられる熱帯風のカラーになっているのが特徴です。

そんなパレオは、南国リゾートの雰囲気をイメージしたお店でよく使用されています。
タンクトップやビキニトップスと合わせるのが一般的ですね!

パジャマ

あえて就寝時の格好をすることで、「お休みの時間」という雰囲気を演出してくれます。
一般的なシャツタイプのパジャマのほかに、ネグリジェを採用しているお店も見られます。

ベビードール

こちらも広い意味では寝間着のひとつであり、パジャマと似たようなものです……が、ネグリジェなどに比べるとより露出度が高く、セクシーな雰囲気を楽しめるのがポイント!

メイド服

メイド服といえばメイドカフェの制服として有名ですが、メンズエステ店の中にもこれをメインの衣装として採用しているところが少なくないんですよ!
メンズエステならではの「ご奉仕サービス」の気分を盛り上げる制服・衣装なんですね。

ナース服

メンズエステのリラクゼーションマッサージは、いわゆる「医療行為」ではありません。
しかし、ナース服という「優しい白衣の天使」のイメージがある衣装でトリートメントしてもらうことで、より癒しのムードを感じることができます。

セーラー服

若い女の子をメインで揃えているお店でよく目にする衣装です。
初々しい雰囲気を演出できるのが特徴であり、まるで可愛い妹にマッサージをしてもらっているような親密なムードを楽しむことができます。

オーバーサイズのワイシャツ

セラピストの背格好よりはワンサイズ大きい白いワイシャツを身につけるタイプです。
これは、いわゆる「彼シャツ」の雰囲気を演出するための衣装といえます。

「彼氏のシャツを着ている」というシチュエーションを表現しており、セラピストと恋人同士のような気分で楽しむことができます。

チャイナ服

女性のスリムなボディラインを強調し、裾の大胆なスリットから覗く太ももにドキドキ感を味わえる……そんなタイプの衣装です。普段の生活では目にすることがほとんどないので、より非日常感を楽しめるでしょう!

ビキニ

今回紹介している中でも、特に露出度が高い衣装です。
中には、通常のビキニよりも守備範囲が狭く、ギリギリまでしか隠れていない「マイクロビキニ」を標準の衣装として用意しているメンズエステ店も見られます。

浴衣・襦袢(じゅばん)

主に、「和」の雰囲気をコンセプトとしているお店で見られる衣装です。
襦袢とは、いわゆる着物の下着のこと。和風のしっとりした色気が感じられるのが特徴ですね。

メンズエステの制服・衣装はお店ごとに全然違う!

メンズエステの制服・衣装はお店ごとに全然違う!

上記のように多種多様な制服・衣装があるメンズエステですが、ひとつのお店にタンクトップやセーラー服、パジャマ・ビキニが用意されている……というわけではありません!
お店のコンセプトによって、用意される衣装は異なります。

たとえば、【A】というお店ではパレオとビキニの2種類を用意している、【B】というお店ではナース服やメイド服などの他にも多彩なコスチュームを自由に選ぶことができる、【C】というお店では襦袢しか衣装がない……といった感じなんですね。

それぞれ簡単にまとめると、

【A】タヒチの民族衣装やビーチファッションを取り入れて南国リゾートをイメージしたお店
【B】コスプレオプションが充実しているお店
【C】和の雰囲気をコンセプトにしているお店

このような感じになると思います。

要するに、各店が掲げるコンセプトや重視しているポイントによって用意される制服・衣装には違いが出てくるというわけなんです!

「こんな衣装を着てもらいたい」という希望がある方は、お店の公式ホームページやポータルサイトの店舗ページなどをチェックし、コンセプトなどを事前に確認することをおすすめします。

メンズエステを楽しむためには制服・衣装は欠かせない!

メンズエステを楽しむためには制服・衣装は欠かせない!

メンズエステの制服・衣装は、その場の雰囲気を大きく左右するアイテムのひとつです。

パジャマ姿のセラピストと就寝前のようなリラックス感たっぷりの時間を過ごしたり、露出度が高いビキニ姿のセラピストを前にドキドキ感を味わったり、「彼シャツ」の姿を演出するセラピストと恋人のような時間を過ごしたり……制服・衣装によって施術中に過ごす時間の感じ方や楽しさはさまざまです。

事前にホームページのプロフィールや写メブログなどをチェックして、セラピストがどんな制服・衣装を身につけているか確認しておくと良いと思いますよ!

また、男性によっては「1回の利用で複数の制服・衣装を着てもらって色んな楽しみ方をしたい」と考える方もいらっしゃると思いますが、「コスチュームチェンジ」というオプションがあるお店なら、そのような希望をかなえることができます。

コスチュームチェンジとは、セラピストがサービス中に衣装を着替えるというもの。シャワー後や背面トリートメントの間に着替え、1回の利用で2つの衣装を楽しむことができるんですね。

実際、僕のお店でもコスチュームチェンジのオプションは好評をいただいています。
僕のお店の場合、お客様が受付を終えてシャワーを浴びている間に着替える感じですね!

なお、詳しくは『メンズエステの「コスチュームチェンジ」とは?衣装の種類や料金を徹底解説!』という記事でまとめているので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

メンエスユーザーに聞いてみた!メンズエステを楽しむうえで制服・衣装は結構重要?

メンエスユーザーに聞いてみた!メンズエステを楽しむうえで制服・衣装は結構重要?

Fさん「めちゃくちゃ重要だと思います」

セラピストさんがどんな衣装を着ているかで、施術中の雰囲気はガラッと変わりますから!
特に僕は、コスチュームチェンジのオプションを付けるのが好きです。

僕がよく利用するお店では、最初は普通のタンクトップで出迎えてくれるんですが、最初に支払いやちょっとしたお喋りのあと、僕がシャワーを浴びている間に着替えてくれるんですね。

毎回いろんな衣装を選べるんで、新鮮味がありますし、その分だけオキニの子に飽きることなく長く通い続けられるのも良いですね。

Yさん「メンエスといえばこれ!という衣装が自分の中であります」

私は少し前に、某メンエス店で薄い下着みたいな着物のセラピストにマッサージをしてもらったのがとても印象に残っており、それ以来、そういうお店にばかり行くようになりました。

普通のタンクトップとかを着ているメンエス店とは違って、衣装に合わせてお店のインテリアとかも和風テイストにしていて、それが自分の好みに合っているんです。何というか、独特の“なごみ感”があるというか……。

なので、今のよく通っているお店が万が一、閉業してしまったりコンセプトを変えてしまったとしたら、また別の和風テイストのメンエス店を探すでしょうね。

まとめ

今回は、メンズエステのセラピストが身につける制服・衣装についてまとめてみました!

衣装の種類は、スタンダードなタンクトップに加え、南国ムードのあるパレオやセクシーな雰囲気を強調したチャイナドレス、ベビードール、ビキニ、また癒しの雰囲気を重視したパジャマやナース服、和の雰囲気を味わえる浴衣や襦袢、恋人感を楽しめる「彼シャツ」……など、多種多様です。

どんな衣装が採用されるかは、お店のコンセプトによります。

エステラブでは、各店のコンセプトや在籍するセラピストのプロフィール写真を掲載しているので、制服・衣装にこだわりたいという方はぜひチェックしてみてくださいね!

>>【合わせて読みたい】絶対に失敗しないメンズエステの選び方6選!

エステラブでメンズエステ店を探してみる