メンズエステ業界セラピスト特集

公開日2023/01/24(火)

読了時間約4分50秒

【徹底解説】メンズエステでは熟女と若い子のどっちが魅力的なの?

【徹底解説】メンズエステでは熟女と若い子のどっちが魅力的なの?

皆さんは「熟女」「若い子」のどちらがお好きですか?メンズエステのセラピストとして指名するなら、どちらが良いですか?個人的には、正直どちらとも言えず…両方とも好きです!

どちらにもそれぞれの良さがあるので……皆さんはいかがでしょうか。考えてみたら、けっこう難しい問題ですよね。そこで今回の記事では、熟女セラピストと若いセラピスト、それぞれの特徴やメリットについてまとめてみました!

目次

この記事を書いた人
きょ~すけ

きょ~すけ(36)

担当記事一覧

メンズエステで約8年ほど働いており、現在は副店長をやっている。プライベートでメンズエステにもよく遊びに行っており、マッサージよりもセラピストと会話をすることが好き。そこで色んなセラピストと情報交換をして楽しんでいる。趣味はカラオケに行くことで、仕事で溜まったストレスをよく発散している。よく歌うのはMr.Children。

メンエスファンの永遠のテーマ!熟女セラピストか若いセラピストか

メンエスファンの永遠のテーマ!熟女セラピストか若いセラピストか

メンズエステが誕生してから約20年……その間、メンエスファンの間で繰り広げられてきた論争こそが、「熟女と若い子はどっちが良いのか?」というものです。

これは、容易に決着がつく問題ではありません。

何しろ、それぞれに良さがあるのでどちらかが決定的に論破されるということがなく、場合によっては「この間までは若い子派だったけど熟女派になった」とか、「熟女原理主義者だったけど最近は若いセラピストにも惹かれ始めている……」とか、意見が変わることもあるからです。

まるで、「き●この山」か「たけの●の里」か?洋画は「吹き替え」と「字幕」のどっち?みたいな問題であるわけですね。

僕の場合も、「メンズエステ店の副店長」という立場を離れて一介のメンエスファンとして考えたとき、簡単には答えが出てきません。

というのも僕自身、あるときは若いセラピストのいるお店を利用し、また別のときは熟女セラピストのお店を利用したりしているからです。

では、なぜそんなふうに揺れ動いてしまうのか……熟女と若い子、それぞれの魅力は何なのか?という点について、次から考えてみましょう。

・熟女セラピストの魅力
・若いセラピストの魅力

それぞれを挙げてみたので、皆さんもぜひ考える材料にしてみてください!

落ち着いた雰囲気!熟女セラピストの魅力とは?

落ち着いた雰囲気!熟女セラピストの魅力とは?

そもそも熟女セラピストとは、一般に30代以上のセラピストを指します。

人によっては「30代はまだ若いんじゃないか」「やっぱり60歳くらいじゃないと熟女とはいえないのでは?」という考え方もあるでしょうが、メンエス業界では「30代以上を熟女セラピストとする」というお店が多いんですね。実際、熟女店の在籍一覧をチェックして年齢層を確認してみると、そんな感じになっています。

ちなみに上限は特に設定されていませんが、60代くらいまでが多いイメージですね。

さて、そんな彼女たちの特徴といえば、やはり「若い子に比べて落ち着いている」ということが挙げられます。
たとえば服装ひとつ取っても、女性は30代に入ると、10代や20代なら普通に着ているフリフリのついた装飾過多のものは選びませんよね。

もっとシンプルな落ち着いた色合いの服を着るのが一般的です。

そんな落ち着きのある彼女たちは、癒やしのサービスにふさわしいという考え方があります。
子育てを経験している女性が増えるということもあり、大きな包容力を備え、優しく包み込むように受け止めてくれるというのも熟女ならではの魅力といえます。

また、心身ともに成熟した女性ならではの色気をまとっているのも魅力です。

その他、熟女セラピストの中にはメンエスで働いている期間が長く、その分だけ技術力が高いテクニシャンが多いという点も見逃せないところですね。
揉みほぐしは強すぎず弱すぎず、かゆいところに手が届く細やかな気配りで癒やしてくれる……という魅力があるわけです。

ピュアでぴちぴち!若いセラピストの魅力とは?

ピュアでぴちぴち!若いセラピストの魅力とは?

若いセラピストの魅力としては、やはり若い女の子ならではのピチピチした肉体を持っているのが魅力です。

メンズエステでセラピストの体に触れるのはNGなのでその点は注意していただきたいですが、ふとしたときに体が密着したり、ストレッチやタイ古式マッサージなどで「手取り足取り」という感じになったとき、そんな彼女たちの若々しい肉体の魅力を感じることができるでしょう。

また、若い女の子の成長を楽しめるというのもポイントのひとつです。

『源氏物語』に登場する平安時代のプレイボーイ「光源氏」は、若い子から熟女までさまざまな平安美女を愛しつつ、「紫の上」という幼女を自分の手で育て、その成長過程を愛でるという楽しみ方をしていますが、このメンタリティは日本男児の中に脈々と受け継がれているものです。

たとえば現在、若いアイドルを「推し」にして応援し、その成長を楽しむという方も多いのでは?

まさしくそんな感じで、未経験の若いセラピストが技術を身に着け、どんどん成長していくのを応援し、その過程を肌で感じながら楽しめるというのは、大きな魅力といえるでしょう。

メンエスユーザーに聞いてみた!熟女セラピストと若いセラピストあなたはどっち派?

メンエスユーザーに聞いてみた!熟女セラピストと若いセラピストあなたはどっち派?

熟女派のSさん「癒やしのパワーは熟女のほうが強い」

私はね、メンズエステっていうのは男のオアシスだと思っているのです。この現代社会、特に私のようなおじさんは大変ですよ。

仕事は忙しいし、年齢を重ねて上のポストについている分だけ責任感は増えるし、家族をこのまま無事に支えていけるかという不安はいつも心のどこかにあるし、そのくせ「おっさんはウザい」みたいなことを言われるし、妻にも子供にも一家の大黒柱への敬意はまったくないし……。

そんな虐げられた我々おじさんにとって、メンエスは癒やしの場なのです。
そして、そんな我々を優しく包み込むようなサービスで癒やしてくれるのが、熟女のセラピストなのです。

彼女たちは年齢を重ねている分だけ世間に慣れているし、我々とも話が合う。それに、長く水にさらされてきた川の石はカドがとれて丸くなるように、年齢を重ねた彼女たちは、それゆえのまろやかな雰囲気や包容力があります。心と体を完全にゆだねることができる懐の広さを、彼女たちは持っているのです。

そんな彼女たちのもとに通っているからこそ、私はこのろくでもない世の中につぶされることなく、どうにかこうにか生きていくことができるのです。

熟女派のFさん「テクニックがすごいのは断然、熟女さんですよ」

熟女と若い子ならどっちが良いかって?僕は熟女さん一択です。
まあこれは必ずしもみんながみんなそうだというわけじゃないんですけど、熟女さんのほうがマッサージが上手ですよ、一般的に言って。

特に僕は鼠径部を深くほぐすディープリンパが好きなんですけど、熟女さんのマッサージは絶妙です。若くて技術が未熟な子にやらせるとやたらくすぐったかったりするんだけど、熟女のセラピストさんは上手いですね。繊細な指使いと圧で、気持ちよく楽しませてくれるんです。

そういう意味で、僕は熟女さんに1票入れたいと思います。

若い子派のYさん「やっぱり一緒に過ごすなら若い子のほうが良いですね!絶対!」

若い子じゃないですか?どう考えても。
やっぱりメンズエステっていうのは、女の子とのコミュニケーションを楽しむ場だと思うんですね、私は。

まあマッサージだって大事ですけど、普段はなかなか会えないような可愛い女の子に会ってコミュニケーションをとるのが楽しいんです。

そういう意味では、20代前半の子や、それどころか10代の子とも気軽に会えるメンエスはすごいと思うんですよね。しかもそのうえでマッサージもしてもらえるっていうんだから、よりすごいです。

あとは、これは個人的な好みなんですけど、やっぱりピチピチした若い女の子の雰囲気が良いですよね。

たとえば密着感のあるストレッチなんかやってもらうときとかは、若い子ならではのピチピチした体の感触を楽しめるので、やっぱり若い子のいるお店のほうが良いですね。

後は、だんだん話し上手になっていったり、施術がうまくなっていったりと、成長過程を見れるっていう部分でも若いセラピストはおすすめですね。

まとめ

今回の記事では、熟女セラピストと若いセラピストの魅力についてそれぞれまとめてみました。

・熟女セラピストには、成熟した女性ならではの包容力や色気、テクニックがある
・若いセラピストはピチピチした若い身体が魅力!成長を愛でるという楽しみ方もある


というわけで、「やっぱり熟女も若い子もそれぞれに魅力がある」というのが結論になります。

それぞれの良さを知った上で、そのときの気分に合わせて熟女と若い子を使い分けられると、よりメンエスの楽しみが広がりますね。

今回の記事をお読みになって、「これまでは熟女一択だったけど若い子も良いかも」「今度は熟女にチャレンジしてみようかな」と思っていただける方がいらっしゃれば幸いです!

エステラブでメンズエステ店を探してみる